AIやRPAへの取り組み


AIについて

弊社オリジナルAIとして制作をした第1号機は、手書きされた数字を認識させる「画像認識」の簡易的なAIです。

0~9までの手書きで書かれた数値を、どこまでの粗さなら正確に判定出来るかの精度も含め、制作しました。

第2号機となるAIについては開発予定を機密としていますが、公開可能となり次第、順次情報配信致します。


RPAについて

今世界的な開発標準になりつつあるRobotic Process Automationですが、弊社はその中でも「WinActor」と「Basic Robo」に対して意欲的に取り組んでいます。

今後RPAでのプログラム開発は益々標準化されて行き、お客様への納期や予算に関しても革新を起こす事となるでしょう。

また他社パッケージとのシステム連携についても注目されているため、複合的な開発についても承ります。