AIやRPAへの取り組み


AI

AIについて

AI製作の第1号機は、電子上にてフリーハンドで書かれた数字を認識させる「画像認識」の簡易的なAIです。

0~9までの数値を、どこまでの粗さなら正確に判定出来るかの精度判断も含め、どの数値である可能性が高いのかを算出する機能をPythonとTensorFlowで製作しました。

第2号機となるAIについては開発予定を機密としていますが、公開可能となり次第、順次情報配信致します。


RPAについて

働き方改革による効率化ツールとして着目されているRobotic Process Automationですが、

弊社はその中でも「Biz-Robo!」と「UiPath」と「WinActor」に対して取り組んでいます。

今後RPA導入による業務効率化によって企業の構造改革も進んでいく事になります。

また他社パッケージソフト等とのAPI連携についても注目されているため、複合的な開発についても承ります。

RPA